FC2ブログ

豚に真珠の作り方

未分類
12 /30 2011
ぶた完成
作り方
体を作ります
白と微量の赤を混ぜて、薄いピンクを作ります
ぶた1 
指でこねて、揉むように混ぜてください
ぶた2 
まだらにならないよう、こんな感じに!

手と鼻と耳を作る分だけよけておいて、残りをたまご型に丸めます
ぶた3 

鼻を作ります
指でコロコロっと小さいたまご型に丸めて、ボンドでつけます
ぶた4 
つけたらすぐ、先の丸いヘラで鼻の穴を作りましょう
ぶた5 
りっぱな鼻ですね~

耳を作ります
小さい三角を作ってください
ぶた6 
三角の角と角を合わせるよう、折りたたみます
ぶた8 
これを二つ作って、折りたたんだ所にボンドをつけてはります
ぶた9 
こんな感じ!
耳は少し大きく作って、耳の先を垂れさせてあげても可愛いですよ~

手を作ります
粘土を指で転がして、細く短く、体に合うサイズで作ってください
ぶた10 
二つ作ってね!
手の付け根と手の先とパール付くお腹の所にボンドをつけてください
両手にパールを持たせる時に、穴が手に隠れるようにつけてね!
ぶた11 
ボンドをつけすぎないように!

しっぽを作ります
粘土を細長くひものように伸ばします
ぶた12 
これを優しく回してループを作ります
ぶた13 
こんな感じ!
難しかったらクネクネした感じのしっぽでも可愛いですよ
これをブタのおしりにボンドでつけます
ぶた14 
後はそっと乾かしておいてね
乾いた頃に目をペンで書いたら出来上がり!
ぶた15 
好きなように顔を書いてね!
3センチ位に出来たけど、本当はもっと小さく作りたかったな~
後で土台作って乗せようっと!

スポンサーサイト



豚に真珠

未分類
12 /28 2011
ダルマ型の豚に真珠を作りました!
ぶた完成丸型
材料
紙粘土(ハーティソフト白、赤)
パールビーズ
ヘラ
ペン
木工ボンド

超簡単に作れます!
次回作り方を紹介します

見ざる言わざる聞かざるの作り方

未分類
12 /26 2011
まずは材料
紙粘土(ハーティソフト白、ハーティカラー茶、赤、黄)
のばし棒
ヘラ
木工ボンド
ペン
ハサミ

作り方
サルの体を作ります
同量くらいの白と茶を混ぜて少し薄い茶を作ったら、手と耳の分をラップに包んで取っておいてください
体はたまご型に丸めます
さる1 
これを三つ作ってください
さる2 
作ったら少し乾かしておいてね!

土台を作ります
のばし棒で平らに伸ばして三つの体が乗るくらいの細長い土台にしてください
色は好きな色で!
さる3 

顔を作ります
白に微量の赤と黄を混ぜて肌色を作ってください
ほんの少し肌色を取っておいてください(耳に使うので) 
顔は一度丸めて指で押さえながら、平たいたまご型を作ります
さる4 
ヘラでおでこをふじびたいにします
さる5 
さる6 
これをなるべく手早く作ってサルの体に指で押さえて貼り付けます
粘土が付きにくい時はボンドを使ってください
さる7 
粘土が乾かない内にやると伸ばしやすくてきれいにつきますよ!
三体とも顔をつけてください

耳を作ります
ラップに取ってあった茶を小さく丸めて指で押さえて平たい丸を作ってください
さる8 
この上に少し取っておいた肌色で、一回り小さい丸を指で押さえて貼り付けます
さる9 
これをハサミで半分に切ります
さる10 
ボンドでさるにつけます
さる11 
こんな感じ!
三つとも耳をつけてくださいね
さる12 
これだけ出来れば、もう可愛いですよね!

手を作ります
茶を指で転がしながら伸ばします
さる13 
この時手の平の部分を残して、片側だけ伸ばします
さる14 
こんな形になるように!
さる15 
丸くなった部分を指で押さえて、しゃもじ型にします

手をさるにつけます
ボンドは手の付け根と手の平につけてね!
さる16 
見ざるはこんな感じ!
さる17 
言わざるは手の平を少し重ねて!
さる18 
聞かざるは耳を隠すように!

後は顔をペンで書いて、土台に並べたら出来上がり!
さる完成 
可愛いさる達が出来ました!
顔は手をつける前に書いた方が良いけど、粘土が乾いてない時に書くとにじむので、今回は最後に顔を書きました
このダルマ型の人形なら、簡単にいろんな動物が作れますよ!
是非、挑戦してみてくださいね

見ざる言わざる聞かざる

未分類
12 /23 2011
見ざる言わざる聞かざるを作りました!
さる完成 
次回作り方を紹介します
これは2センチ位だけど、みんなはもう少し大きめに作ると楽かも!
凄く簡単ですよ~

雪だるま

未分類
12 /20 2011
昔作っていた雪だるまに女の子をつけてみました
雪だるま 
大きさは雪だるまが7センチ位で、女の子は4センチ位かな!
最近、寒くて、手が思うように動きません
暖房を入れると粘土の乾きが早すぎて、細かい部分の修正に苦労します

辰年人形⑥

未分類
12 /18 2011

私のお気に入りの、格好つけの龍です
かっこつけの龍1 
サングラスにタバコ!
なかなかいかしてる~可愛いでしょ
大きさは5センチ位です
これで龍の紹介を終わります
次は何を作ろうかなー

辰年人形⑤

未分類
12 /16 2011
横向きに長い龍です
横向き龍2
この龍の形で作り方を教えてあげた人は凄く喜んでましたよ!
どの龍も体制が違うだけで、前に紹介した作り方で出来ますよ
そろそろ辰年人形も見飽きたと思うので、龍は次回で終わりますね
次回の龍は私のお気に入りです
お楽しみに!

辰年人形④

未分類
12 /14 2011
体は小さいのに、大きな玉を抱える欲張りな龍です!
よくばり龍1 
もっと大きな玉を持たせようかと思ったけど、手が取れたらいけないのでやめました
4センチ位の人形です、この大きさなら誰でも作れると思いますよ!

辰年人形③

未分類
12 /12 2011
ハート龍を作ってみました!
ハート龍2 
立て掛けて飾る、辰年人形です
ピンクの龍にしても可愛いかも!

辰年人形②

未分類
12 /09 2011
天に昇る龍を作りました!
昇り龍1 
立て掛けて飾る昇龍です
まだクリスマスもきてないのに、辰年飾りばかり作って、今年はサンタさんを作り損ねました
まだまだ辰年人形がありますよ!またね~

辰年人形①

未分類
12 /08 2011
龍の人形飾りをたくさん作りました!
少しずつ紹介しますね
まずは一つ目
とぐろ龍2角丸 
小さいとぐろ龍です!
私の行く美容院にプレゼントしました

招き猫の作り方

未分類
12 /06 2011
白を丸めて頭を作ります
CIMG0543.jpg 
そっと置いて乾かしておいて!

座布団を作ります
赤をのばし棒で、顔の大きさより大きめに伸ばします
招き猫2 
これも乾かしておいて!

猫の鈴になる部分を作ります
少量の黄をのばし棒で平らに伸ばします
m招き猫 
後で切って字を書くから乾かしておいて!

猫の耳を作ります
白で小さい三角を二つ作ります
招き猫3 
白に微量の赤を混ぜてピンクを作り、白三角より小さい三角を作ります
ピンク三角を白三角の上に置きます
 招き猫
これをのばし棒で、上から下に向かって、優しく軽く伸ばします
そうすると白三角とピンク三角が合体します
招き猫4 
のばし棒を使わなくても、平らなもので軽く押しつぶしても出来ますよ!
下の方をハサミで切ってください
招き猫5
切った部分にボンドをつけて、頭につけてください
招き猫6 
形が悪くてもハサミで切り整えれば大丈夫!

体を作ります
白を丸めて、頭より少し小さめに卵形に作ります
下の部分を指で少しへこませます
招き猫7 
招き猫8 
へこませた部分に足をつけるのでバランス良く!

足を作ります
白を指で転がしながら伸ばしていきます
招き猫9 
この時片側は少し太くします
これを二つに折り曲げます
招き猫10 
折り曲げるときは半分にじゃなく、細い方が少し出るように!
そして太い部分を少し指で押さえて形を整えます
招き猫11 
これを二つ作って!
体のへこませた部分にボンドでつけます
招き猫12 
足がついたら頭をボンドでつけます
招き猫13 
この時、二頭身くらいになってるとイイ感じ!

猫の首輪を作ります
赤を指で転がしながら細く伸ばしていきます
招き猫14 
猫の首に一周するくらいの長さにします
猫の首に少量のボンドをつまようじでつけます
招き猫15 
つけすぎないように!
首輪を巻いて固定します
招き猫16 
継ぎ目を前にすると後で鈴で隠すことが出来ますよ!

手を作ります
招く方の手から作ります
白を指で転がしながら伸ばしていきます
招き猫17 
手の先を少し巻いて、肘を少し曲げて、形を整えます
招き猫18 
横から見たらこんな感じ!
ボンドをつけて顔の横に手がくるようにつけてください
招き猫19 
こんな感じ!
もう片方の手はボンドで下向きにつけます
招き猫20 
下につくようにつけて!

座布団を四角に切ります
招き猫21 
切った残りの粘土でふさを作ります
ハサミで手前だけ細かく切れ目を入れます
招き猫22 
これを四つ作ってください
招き猫23 
ふさを座布団の四隅にボンドでつけます
招き猫24 
難しかったら、ふさ無しでもOK!

しっぽを作ります
白で小さく作ってください
招き猫25 
好きな形で作って!
猫のおしりにボンドでつけます
招き猫26 
これで体の完成です!

座布団に猫をボンドでつけます
招き猫27 
ここまで出来たら可愛くて嬉しくなりますね!

鈴になる黄の粘土をハサミでしずく型に切ってください
招き猫28 
黒のペンで好きな文字を書いて猫の胸にボンドでつけます
招き猫29 
鈴の先を首輪のつなぎ目の上に隠すようにつけてね!

赤ペンと黒ペンで顔を書いて、赤ペンで手足に指の境目を書いてください
可愛い招き猫の完成です!
招き猫30 
福が来ると良いですね!

招き猫の材料

未分類
12 /06 2011
材料
紙粘土(ハーティソフト白、ハーティソフト赤、ハーティカラー黄)
ハサミ
木工ボンド
のばし棒
ペン(黒、赤)
つまようじ

maneki3.jpg 
招く手は両方でも可愛いですよ!
是非たくさん作って欲しいです!



次回予告

未分類
12 /03 2011
私の作る粘土人形は、ボランティアでお年寄りに粘土教室をやりながら、出来たものばかりです
だから結構不器用な人でも作れますよ!
パソコンも最近始めたばかりなので、読みづらいかと思いますが、ぼちぼち頑張ります
次回は招き猫です
招き猫完成 
この前久しぶりに作ったけど、顔がちょっと失敗かなぁ
でもこれが一番評判が良かったよ

辰年人形の作り方

未分類
12 /02 2011
龍を貼り付ける土台を作ります
白と微量の青を混ぜて水色を作ったら、のばし棒で平らに伸ばして乾かしておきます
tatu01.jpg 
厚さは薄くなりすぎないように!

龍の体を作ります
白と青と黄を混ぜて緑を作ります(三分の一ほど取って、ラップに包んでおいててください)
手で転がして棒状に長く伸ばします
tatu07.jpg 
片側はしっぽになるので先を細く!

顔になる部分を折り曲げて、少し形を整えてください
しっぽも顔に向かって折り曲げます
tatu08.jpg 
顔は触りすぎると、ひびが入るので手早く形を整えて!

先の丸いへらで顔に鼻の穴をつくります。
tatu09.jpg 
鼻の上にへらでラインを三本くらい入れるとイイ感じ!

龍に持たせる玉を作ります
黄に微量の白を混ぜて、手のひらで丸めます
tatu02.jpg 
そっと置いて乾かしておいて!

同じ黄で角を作ります
指で粘土を転がしながら伸ばして、短い棒を作ります
tatu05.jpg 
龍の頭に合う大きさで!
同じのを二つ作ったら、ハサミで切込みを二か所入れます
tatu06.jpg 
形を整えたら、これも置いて乾かして!

ひげを作ります
白に微量の黄を混ぜて、薄い黄を作ってください
それを細く細く指で転がしながら伸ばしていきます
それを少しくねらせて乾かします
tatu04.jpg
片側をとがらせて作るとイイ感じ、長ければ切ればいいので大丈夫!

眉毛とたてがみとしっぽを作ります
ラップに包んでおいた粘土を少し取って、白と混ぜて、薄い緑を作ります
眉毛は細く伸ばした粘土を平らに伸ばして、ハサミで手前だけ細く切れ目を入れていきます
tatu12.jpg
顔に合った大きさで!
tatu13.jpg 
二つ作って!

白をまるめて目を二つ作ります
tatu10.jpg 
顔と眉毛に合う大きさで!

眉毛と目を同時に 顔にボンドでつけます
tatu15.jpg 
眉毛は少し浮かせて、目は眉毛に少し重なるようにつけて!

たてがみを作ります
薄い緑を、龍のあごと頭のラインに合わせて、こんな感じで伸ばします
tatu16.jpg 
大きくなりすぎたらハサミで切って!

たてがみの内側につまようじを使ってボンドをつけ、龍の頭に貼り付けます
tatu17.jpg 
これをハサミで眉毛の要領で切れ目を入れていきます
tatu18.jpg  
根本は少し残して切って!

しっぽの先を作ります
薄い緑の粘土で、葉っぱの形を三枚作ります
tatu25.jpg 
真ん中は少し大きめに!
tatu26.jpg 
先を三枚重ねてボンドで固定して、乾かしておいてください

耳を作ります
ラップに取ってある緑の粘土を少し使います
指に小さく伸ばした粘土を、手巻き寿司のように三角にくるっと巻きます
tatu19.jpg 
tatu20.jpg 
これを二つ作って!

龍の耳をボンドでつけます
tatu22.jpg 
眉毛とたてがみの間につけます、三角のとがった部分を少し切るとつけやすい!

龍のおなかに白のマニキュアを塗りましょうtatu23.jpg 
首の下からしっぽに向かって!

龍のおなかに玉をボンドでつけます
tatu24.jpg 
鼻の下位に貼り付けよう!

手足を作ります
ラップに取ってある緑の粘土を使います
龍に合う大きさに、四つ作ります
指で粘土を転がしながら作るのですが、途中手の平になる部分を残して転がしていきます
tatu27.jpg 
丸くなった部分を指で押さえて、しゃもじのような形を作ります
tatu29.jpg 
手の平にハサミで三つ切れ目を入れて指を作ります
tatu28.jpg 
四つとも大体同じ大きさになればいいかな!
tatu30.jpg 
これを龍にボンドでつけていきます
二本は玉を持たせるように、二本はしっぽのラインにそってつけます
tatu31.jpg
手の付け根と手の平にボンドをつけます

龍の背中にラメのマニキュアを塗って、土台に貼り付けましょう
先に土台に龍をつけてからマニキュアを塗ってもいいです
tatu33.jpg 
横やしっぽまで塗って、うろこが見えるように!

しっぽの先をボンドでつけます
tatu34.jpg 
顔に向かって上向きに!

角をボンドでつけます
tatu35.jpg 
先がとがってつきにくい時はハサミでカットするとつきやすいです!

ひげをボンドでつけます
tatu36.jpg 
格好良くつけてあげましょう!

細かいパーツのボンドが乾いて固定されたら、土台をハサミで切って、立てかけれるようにします
tatu37.jpg 
土台に白のマニキュアで雲を描いたりして、自分の好きな感じに仕上げよう!

目玉をペンで書きます
tatu38.jpg 
どんな目にするかは自由!可愛く出来たかな!

完成です!
粘土が完全に乾くのに、大きさによっては、二、三日かかります
乾いてから立て掛けて飾りましょう
tatu39.jpg 
簡単でしょ!
他にも辰年人形作っているので、今度また写真載せますね!

テリー

FC2ブログへようこそ!